3/14(月)「第17回MICEイノベーション研究会」 – 羽田イノベーションシティ『コングレスクエア羽田』にてリアル開催決定

開催日程:3月14日(月)14:00~18:00(予定)
会  場:羽田イノベーションシティ(HICity)ゾーンJ 「コングレスクエア羽田」
     羽田イノベーションシティ(HICity):https://haneda-innovation-city.com/
     コングレスクエア羽田:https://congres-square.jp/haneda/                                                                        

開催方式:リアルでの開催 *オンライン配信検討中

参加者数:150名予定

参加登録:2月中旬開始予定 ※当ウェブサイト、およびメールマガジンなどでご案内いたします

【プログラム(予定)】
13:30~14:30 展示・体験会/参加者とのマッチング①

14:30~17:00 1.実証実験 実施企業ピッチ
       2.課題解決技術(シーズ)提案発表
       3.経済産業省 令和3年度事業 『展示会等のイベント産業の高度化事業(実証事業)』 採択企業成果発表会

17:00~18:00 展示・体験会/参加者とのマッチング②

★絶賛募集中★
貴重なリアル開催となる本研究会にて、実証実験、課題解決技術(シーズ)提案発表、展示出展など、貴社・団体の持つ技術やサービスを発表しませんか?ご興味のある方はお気軽に事務局までお問い合わせください。

問い合わせ先:mice-innovation@congre.co.jp

▼前回リアル開催の様子(第9回MICEイノベーション研究会)
 詳細はこちらより⇒https://mice-innovation.com/news/2021-03-29-115

【PR協力】12/17(金)に初のリアルイベント『イベ博DAYS』を開催|bravesoft株式会社/第8・9回シーズ発表企業

第8回・第9回の「MICEイノベーション研究会」にてシーズ発表および実証実験を実施された、オンラインイベントプラットフォーム「eventos(イベントス)https://eventos.tokyo/」を提供するbravesoft株式会社が、12月17日(金)JPタワーカンファレンスにて『イベ博DAYS』を開催されます。

(第14回にシーズ発表されたsansan株式会社の松尾氏もスピーカーとして登壇予定

■過去MICEイノベーション研究会登壇の様子
 ※各回開催レポートは写真をクリックしてご覧いただけます

第8回 シーズ発表(bravesoft株式会社)
第9回 体験会・実証実験時の様子(bravesoft株式会社)

「イベ博DAYS」12/17(金)に 初のリアルイベントを開催

イベントのあり方は新たな時代に突入し、マーケティングの潮流も変化してきました。
bravesoft社が開発中の新技術をフル活用して提案する「イベントの未来」にぜひご期待ください!
※当日はリアル開催のほか、eventosによる同時配信も予定。

開催日時:2021年12月17日(金) 13:00~17:00
開催場所:JPタワーホール & カンファレンス4F
     東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4・5階
主  催:bravesoft株式会社
共  催:スマートキャンプ株式会社 / アルファボート合同会社
公式URL: https://days.ibehaku.com/?pcode=30106
来場エントリー:https://days.ibehaku.com/users/login/?ticketId=11300

◇◆------------------------◆◇  
  イベ博DAYS〜イベントの未来に会える日〜 のご案内
◇◆------------------------◆◇
イベントプラットフォームのeventosがお届けするリアルイベントです。
イベントを開催したい方、ビジネスやマーケを一気に加速させたい人は必見!
業界の最先端を走るイベントマーケターのセッションを聞いたり 堀江貴文氏を始め業界のリーダーが「イベントの未来」を語り合います。 参加は無料。リアル来場は人数制限有。在庫が切れ前にエントリーしておこう!
https://days.ibehaku.com/?pcode=30106

<< セッションや登壇者を一部ご紹介(敬称略) >>
①イベントに未来はあるか?  
 堀江貴文 &【アドテック】古市優子
②イベント新時代!マーケはどう変わる?  
 【Sansan】松尾 佳亮 &【BOXIL EXPO】髙橋 洸平 &【博報堂】庄司健一郎
③プラットフォーマーが見る「イベントの未来」  
 【JCD】吉井 和人 &【EventHub】山本 理恵 【ON24】上田 善行 &【eventos】菅澤 英司
④ コミュニティでマーケティングが変わる~
 【JAWS-UG設計者/CMC_Meetup 主宰】 小島 英揮
⑤オンラインイベントの可能性と課題  
 【ヤプリ】島袋孝一 & 【XPD】西井智章 &  
 【アルファボート】堀野 勝也 & グローバルプロデュース 光畑真樹 他  

<セッション③はリアル参加者限定です> ※セッションは変更になる可能性があります


★bravesoftが、毎週木曜11時から定期LIVE配信中「イベ博」。
あらゆる産業から変革を迫られている「イベント」において、「イベ博」は、最前線で活躍する“経営者/イベンター/マーケター/テック人材”が体当たりで得た知見を持ち寄り未来を語るコミュニティです。
今回の「イベ博DAYS」」は、従来の「イベ博」と一線を画した、業界関係者が集まるリアルイベントとして開催いたします。

~参考~〈イベ博における「イベント」の定義〉
ワクワクな体験で新しい自分にアップデートされること

[コンセプト]
 新型コロナウイルス感染者も減少の一途を辿っており、
 これからのイベントのあり方、リード大量獲得時代の営業/マーケティング手法など、
 アフターコロナの新しいイベントの姿を議論・提示する。
[ターゲット]
 企業の販促・マーケティング/宣伝・広報/経営企画/DX部門 、
 イベント企画・運営会社/広告代理店、自治体・協会団体/イベント主催者/学生


【本件に関するお問い合わせ】
 bravesoft株式会社 ExEグループ 岡様/熊谷様
 E-mail:ibehaku@bravesoft.co.jp

「ICCA年次総会2021長崎HUB」にて、MICEイノベーション研究会がパネルディスカッションのプログラムを担当しました

2021年10月25日(月)~27日(水)の3日間にわたり、ICCA*1(International Congress and Convention Association)年次総会が開催され、「出島メッセ長崎*2」がアジアパシフィック地域のハブ会場となり、多くのMICE関係者が集合しました。

地域ハブ会場とは、国境をまたいだ移動が制限される中、主要な地域ごとにハブ会場を設け、近隣の参加者だけでもオンサイトで会議に参加できるコロナ禍ならではの運営方法です。

▲11月1日開業予定の出島メッセ長崎(JR長崎駅西口直結)

10月27日(水)の「Consumer choice」をテーマとしたパネルディスカッションをMICEイノベーション研究会が企画しました。

◆プログラム概要
プログラム名: テーマセッション「MICE主催者トレンド:Consumer choice」
セッション日程: 2021年10月27日(水) 11:00~12:00
 ▼パネリスト(リモート登壇)
 筒 雅博 氏 (avatarin株式会社 レベニューマネジメント部 シニアマネージャー)
 幅 朝徳 氏 (株式会社CRI・ミドルウェア 営業本部 第3営業部長 CRIWAREエヴァンジェリスト)
 田中 初実 氏 (Welltool株式会社 代表取締役CEO)
 松尾 佳亮 氏 (Sansan株式会社 ビジネス統括本部 マーケティング部 副部長 兼Seminar One Unit PMM)  
 ▼モデレーター(現地)
 田中 弘一 (MICEイノベーション研究会 事務局 / 株式会社コングレ)
 西川 つぼみ (MICEイノベーション研究会 事務局 / 株式会社コングレ)

当日、「Consumer choice」のセッションでは、Consumer choice」セッションにおいて、これまでに、研究会にて、シーズ発表していただいた上記の4名のパネリストをお迎えし、「異業種・異分野からみるMICE市場」と「『Postコロナ』に向けたMICE戦略」をテーマにディスカッションを展開しました。

▲パネルディスカッション時の様子

MICEイノベーション研究会は、今後もこのような機会を通し、MICE再開に貢献します。

———————————————————————–

*1:ICCA(国際会議協会):学会や産業団体が主催する年間約2万件の国際会議を支える政府観光局・自治体・MICE施設・事業者および国際会議主催者から構成される産業団体。

*2:「出島メッセ長崎」:2021年11月1日にJR長崎駅西口に開業する大型MICE施設 です。株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)は、 PFI(民間資金を活用した社会資本整備)事業の一員として、MICEの誘致と施設 の運営を担当。

【只今募集中!】MICEイノベーション研究会で「その案件・課題」に必要な技術・サービスをもつ企業を集めませんか?

MICEイノベーション研究会で、御社の「その案件や課題」に対する技術・サービスを持つシーズ企業を集めませんか?

MICEイノベーション研究会では、これまでに、参加企業とシーズ企業、シーズ企業とシーズ企業のマッチングや協業を
リクエストに応じてサポートしてきました。

明日の緊急事態宣言解除をきっかけに、MICEのリアル形式やハイブリッド形式での開催が増えると見込まれ、
新しい技術やサービスの導入がより加速していくことを期待し、研究会では、参加企業の皆様のマッチングや協業を
より一層支援していきたいと考えております。

例えば、
「ハイブリッド形式で開催するイベントの案件があるが、展示会にリアルとオンラインを融合した仕掛けをしたい。
何かないだろうか?」ということであれば、研究会では、「展示会に関するOMOの技術・サービスをもつ企業」を募集し、
マッチングの機会の提供やワーキンググループの立ち上げなどをサポートします。

もちろん、案件だけでなく、御社が抱えておられる課題に対するソリューションを募集することもできます。

「相談したい。」、「興味があるので話を聞いてみたい。」などのリクエストがありましたら、
お気軽に研究会へメールでお知らせください。


MICEイノベーション研究会事務局(株式会社コングレ内)
mice-innovation@congre.co.jp

withコロナ時代の「スポーツビジネスとエンターテインメントマーケットを考える」~「FC東京」と「ぴあ」の取り組みを紹介!

2020年8月6日(木)14:00~16:00
「第3回MICEイノベーション研究会」オンライン開催

2020年8月6日(木)14:00~16:00、株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)と株式会社新産業文化創出研究所(東京都千代田区、代表取締役所長:廣常 啓一)が事務局を務める「第3回MICEイノベーション研究会」をオンラインで開催します。
今回は、withコロナ時代の「スポーツビジネスとエンターテインメントマーケットを考える」をテーマに、各業界の中から、「FC東京」と「ぴあ」の取り組みをご紹介します。

MICEイノベーション研究会は、新型コロナウイルス感染症によって、大きく影響を受けたMICEビジネスについて、異業種、異分野との交流によって、新しいMICEのカタチをつくり出すことを目的としています。

研究会では、毎回、MICEに関する課題やニーズ発表、そして異業種からの課題解決技術(シーズ)提案発表を行っています。
第3回となる今回は、5,000名の観客制限で試合を行うJリーグの「FC東京」と、エンターテインメントビジネスを手掛ける「ぴあ」の取り組みとシーズを発表します。

このような時代だからこそ、業界を越えてMICEにイノベーションを起こし、withコロナ、postコロナ時代の人々の交流を進めていきたいと考えています。
皆さまのご参加をお待ちしています。

※ MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。(出典:観光庁ウェブサイト)

【第3回MICEイノベーション研究会 プログラム】

◎研究会の概要説明
ファシリテーター: 株式会社新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一

◎コロナ渦での大型リアル展示会第一号事例報告
 「7月29日から31日開催『プラントショーOSAKA 2020』から見えてきた課題と今後の展望」
一般社団法人日本能率協会
産業振興センター 第3事業グループ シニアマネジャー 上沖 典保 氏

◎課題・ニーズ発表(1) 
「スポーツビジネスの現場から見えてくるこれからの業界課題」

東京フットボールクラブ株式会社 グローバル推進本部長
石井 宏司 氏

【発表要旨】新型コロナウイルス感染症の影響で、プロスポーツ業界で起きていること。問題や課題、業界の変化、多岐にわたるコロナ対策など、「今」現場で起きていることを、リアルなケース事例として共有する。

◎課題・ニーズ発表(2)
「エンターテインメントの行方と今後の対応」

ぴあ株式会社
執行役員/コンテンツ・プロデュース本部 副本部長 染谷 誓一 氏

【発表要旨】コロナにより、今年3月より、コンサートを始めとする イベントが
多数、中止、延期に追い込まれた。ようやく、先月より、感染防止対策をしながら、 イベントが徐々にスタートし始めた。withコロナにおけるエンターテイメントとは。

◎技術・シーズ発表
「コロナ禍におけるVR/バーチャルのイベント活用方法とメリット」
株式会社Synamon
ビジネスデベロップメント ビジネスデベロップメントマネジャー 八木順也氏

●参加申し込み方法
以下のURLから参加申込フォームに必要事項を入力の上、お申込みください。
https://icic.xsrv.jp/seminar/event11435/
(開催方式:Zoomウェビナー/参加費無料/定員300名・先着順)

【MICEイノベーション研究会 過去の開催内容】

◎第1回MICEイノベーション研究会
https://www.congre.com/news/20200703-5826/
◎第2回MICEイノベーション研究会
https://www.congre.com/news/20200715-5885/

【MICEイノベーション研究会 実行委員会】

・実行委員会委員(五十音順)(2020年7月31日現在)

氏名(敬称略)所属部署/肩書等
岡野 雅則パナソニック株式会社統合型リゾート(IR)事業推進本部営業推進部 部長
倉橋 慶次森ビル株式会社アカデミーヒルズ事業部 課長
小島 学キヤノン株式会社IR/MICE事業推進プロジェクト 主幹
染谷 誓一ぴあ株式会社執行役員 / コンテンツ・プロデュース本部 副本部長 兼 ライブ・エンタテインメント本部 副本部長
花井 厚株式会社リコーデジタルビジネス事業本部Signage-Contents事業統括室 室長
深澤 克之日本電気株式会社首都圏統括支社 シニアマネージャー
前野 伸幸株式会社ホットスケープ代表取締役
矢端 謙介株式会社日本政策投資銀行地域企画部 担当部長

【MICEイノベーション研究会 事務局】

◎株式会社コングレ
1990年設立。ミーティングビジネスを手掛けるMICEの先進企業。地球温暖化防止京都会議、伊勢志摩サミット、APEC、IMF・世銀総会など、主要国際会議の運営を担当。会議運営の経験を活かし、「ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター」(大阪市)をはじめとしたカンファレンス施設、国際会議場・展示場などのMICE施設の運営を行う。一方、展望台、科学館、水族館などの文化・観光施設についても、開業前準備から運営に参画。MICE施設と文化・観光施設を合わせ、現在約90か所の施設運営に携わり、MICEの運営とともに、まちづくりや都市政策の一端を担っている。また、国際展示会「ジャパン・ドローン」「スポーツビジネスジャパン」など、主催事業の拡大を進めている。

◎株式会社新産業文化創出研究所(ICIC)
シンクタンク機能とプロデュース機能の両輪により、今後、社会が求めるであろうニーズや注目されてこなかった潜在的な市場、これまで課題の解決策がなかった領域や将来訪れる課題などに注目し、それに対応する技術や製品、サービスなどを生み出し、市場導入すること、また、新たなライフスタイルや文化を創り出し、これに対応する技術や製品、サービスを適応させること、新産業や文化を創出する仕掛けをサポートすることで、イノベーションの創出を担う。
以上のコンセプトから、様々な分野にわたり異分野が共創するプラットフォームとしての研究会や拠点を立ち上げ、これまでにないビジネスモデルを実証実験し、社会に提示していくことで街づくりからイノベーション産業・文化、また企業・事業・価値等の創造と好循環機能を目指す。
これまでも、早くからVRや3Dを活用したシアターや自動翻訳・通訳を活用した次世代テレビ会議システム、そうしたコミュニケーション空間、複数地点の地域教育プログラムの相互通信利用など複数の研究会やプロジェクトも開催してきた。